更年期障害はどのくらい続くの?

更年期障害はどれくらい続くのか、これを不安に思っている人も多いと思います。何歳から更年期障害になって、どれくらい続くのかはっきりしていればいいのですが、それがはっきりしていないので不安に感じている人は多いのでしょう。自分がいつ更年期障害になるのか、そしていつ頃まで続くのか、不安に思うのも無理はありません。一般的には平均して閉経が50歳前後とされてますから、この閉経の時期の前後数年とされています。そして閉経後の時期が更年期障害が比較的発症しやすい時期とも言われています。

ですが、誰でも知っているとは思いますが、更年期障害は個人差があります。絶対に何歳に発症して、何歳まで続くとはっきりといえないのが特徴です。

更年期になっても、絶対に更年期障害の症状が現れる人もいれば現れない人もいますので、やはり人それぞれ違っているのです。更年期は最近早まりつつあるとも言われてますし、少子化や晩婚、性交渉の低年齢化といった問題も、この更年期の年齢と関係があるといわれているので、実際には今まで発症するといわれていた時期よりも更年期障害も低年齢化しているのではないかと指摘する声も上がっているのです。

更年期を迎える時期も人それぞれ違っていて、そしてホルモンの分泌量が安定すれば更年期を迎えたといえるのですが、それがいつまで続くのか、それもはっきりとしていないのが特徴です。すぐに終わる人もいれば、何年も様々な体調の変化や不調に悩んでしまう人もいるので、こればかりははっきりとはわかりません。